受け継がれた

はい、こんばんわ。元基板のアルカナ使いです。
すごカナROMですが、実は結構前から自分の手元を離れていきました。引き取り手があってよかったね。
流石に無料じゃないけど、もちろんいくらか安くなっている。その辺はゲーセンも絡んでるから公開は避けましょう。

引き取り手は、長野県のゲーセン『松本ビートル』です。
長野でアルカナ2が稼働している数少ない場所だったため長野県民にとって欠かせない場所だったらしい。が、すごカナは入荷しておらず。長野アルカナ勢は涙を飲んだ(イメージです)。
そこで自分のすごカナROMが、元長野勢で現愛知勢の知人を中継点としてビートルに入荷されたわけです。どうやらもう稼働しているらしい、仕事が早いな。

これこそ自分が今まで基板のアルカナ使いでやってきたことの中で、最も他プレイヤーに貢献できたと言えるのではなかろうか。ゲーセンで動いてくれるなんてねえ。
ちなみにエクスボードは相変わらず自分の所有物です。だってデモブラがあるしね!
今は他の人のすごカナROMと自分のエクスボードがセットになって白クラリーチェの家に置いてあります。現状これがベストだろ。

完全にさようなら、基板のアルカナ使い。今度アルカナをプレイして大会に出るときはmixiネームで出ます。
でも自分のことを『基板さん』て呼ぶ人が何人か居るので、100%捨てられることじゃないっぽい。まあいいか、呼び方くらい。


~完~

| | コメント (15)

ここまで

更新忘れてたー。
違った。
存在忘れてたー。

【お知らせ】
こんなブログだけど定期的に見に来てくれている人が多いのにびっくり。ありがとうございます。
そしてごめんなさい。
ブレイブルーがマジ面白いのでアルカナから手を引きます。ブレイブルー稼働してから基板を一度も起動していません。

自分の格ゲー歴史はほとんどギルティ。アルカナ2は予想以上にやってる時間が長かった。
GGACで同じ必殺技でループしたり中下同時×3で死んだり基本コンボで8割減ったりすることにどうしても慣れることができずギルティ引退。そんな自分にとっての救世主ブレイブルー。なんか昔を思い出す。
誰かすごカナのソフトだけ買い取ってくれるとありがたい。つまりエクスボード持ってる人になるわけだけど、これは相当に限られている。まず知人を当たってみるか。
エクスボードごと売るのも全然ありだけど、デモンブライドは買いたいんだよなぁ。地元ゲーセンがほぼ入れる要素なしの状態なので、値段次第では手元に置いておきたい。

そんなわけで、基板のアルカナ使いはこれにて終了。無印アルカナ時代のはぁとスレから実に1年半、こうして振り返ると意外と長いんだな。
大会とかは暇潰しに出る時があるかもしれない。もちろん名前は『基板』じゃなくて別ゲーで使ってる方で。
またシリーズが変わったり月日が経てばプレイヤーとして戻るかもしれないけど、とりあえず今はさようならアルカナ。そして頑張れアルカナ勢。

一応まだ基板は持っているので、何か検証したいこととかあればコメント欄にどうぞ。でもこのゲーム他にも基板持ち沢山居るし、そっちに頼んだ方が早いし確実だと思う。
それではまたいずれ。

| | コメント (42)

神依ネタ長し

【神依】
音と光でやってる。

今回の光はかなり使いやすい。空中コンボをオプティクス6HCでダメージアップできるのはおいしい。前作のソングみたいな。
理想は JBC>オプ(6HC)>JB>JA6AB>てんざほろび なんだけど、空対空からの場合はせいぜい JAB>JBC>オプ(6HC)>JB>てんざほろび かな。空対空をJAC入れ込みに変えるのが妥当。
常に画面端との距離を考えておかないといけないのがめんどいけど、これだけで確実なダメージアップができるんだからちゃんと狙っていきたい。

音だったら単純に捕まえた時の連携強化と、カノン付近での防御能力強化に尽きる。
 ・なんか>カノン(6HC)>3Bor屈B>低ダJC>着地
これでカノンを設置しながら相手を端に運ぶことができる。注意すべきは低ダ攻撃後のGC4Dだろう。
なんか>カノンの時にGCされたら、6HCからアクセンタスでカノンを爆発させるといい。相手がGC6Dから暴れてくる場合はこちらが4HCしてアクセンタスでも。ぶっちゃけこっちの方が安全。
カノン後にGCしてくる場合は3Bor屈Bがスカるか相殺を取られるか。3Bor屈Bなのは相手のジャンプを防止しているから。簡単にやりたければ立Bにしてしまっても問題なし。
これは相殺後にアクセンタスか、それを意識させてHJガード>HJ成立時は空中アクセンタスと。
低ダ中に相手のGCが見えたらもちろんアクセンタス。GC4Dから空中必殺技を出されると危ないが、相手もわりと危ない橋を渡っている。基本的にアクセンタス>カノン反響でダメージ勝ちできることが多い。

そんな感じで近距離戦はカノンを混ぜるだけで面白い。ただ、カノンばかりに気を取られて普段の連携を忘れることがないように。吐切を意識させてGC6Dを釣る、という前提があった方が誘いやすい。
そして功刀中。吐切がないこの状態でカノンはかなり頼れる存在。上記連携をそのまま使えるのと、J攻撃をガードさせてからの相手のGC率が高くなること(※)を利用する。
 (※)J攻撃>逝斬or着地下段の二択の両方ともGCで対応できるので。
横投げからの起き攻めは、ステップ>カノン(NHC)>逝斬or屈Bで。逝斬からは屈Aアクセ、屈Bからは1EアクセでHGを使用せずに拾える。まあキャラ限とか調べてないのですが。
どちらも生4Dで対処できてしまうので、そこは遅らせたり即アクセンタスしたりで合わせよう。

【あかね】
投下するようなネタが見つからない。
せいぜい花写しで取れない技リストくらいだろう。全部調べるのもアレなので、削りダメージの多そうな技とか、なるべく見てから対応して得する技を中心に調べるのが限度。というか、それ以外は不要。多すぎる。

ブレイブルーが稼動した後のモチベの変化に不安が。

| | コメント (2)

そこそこにあかね

【あかねスレ】
新キャラだから仕方ない、と自分を納得させにゃならん程に過去ログ確認しない書き込みが多いな。
アルカナ2の時はFULLから継続して神依使いだったし、スレが変わる前にテンプレを作れたからなんとかなったのか。
毒コンとか基本コンボとか、コンボ関係は特に多い。毒コンとかロケテの段階で書いたのに。
面倒だとか思わずに過去ログ確認してくれるだけでいいんだけど。

【あかねパワー】
現状の分からん殺しを含めた評価でも、あかねがトップランクのキャラだとは思わない。
オフェンスよりむしろ防御能力、機動力の方が強力。オフェンスもやれるけど。
戦う上では、相手がどれだけあかねのパターンを分かっていないかを判断するのが大事。

【魔あかね】
前に日記で書いたAF対策ミルワコンから基本コンボに移行できた。
ここでいう基本コンボっていうのはあかねスレ2のレス番104に書いたコンボのことね。
 ・屈A立B屈B立E>ミルワ>屈B6C>低ダJB>以下スレを参照
毒コンや空対空からのミルワコンのダメージ効率、ゲージ消費を細かく調べて
最も適した手段を常に選べるようになりたい。言霊も関わってくるから難しい。

【花あかね】
 ・B攻撃>立C>風払い>2段目SC八重紅>ダッシュJAB>JAB>花薙ぎ
というコンボがある。始動はB攻撃一発からじゃないと八重紅が繋がらない。
八重紅でかなりダメージを稼げる。そこからの繋ぎは言霊を使わずに花薙ぎ締め。
立C入れ込みの置き屈Bや、NH>A風舞いの崩しから移行するのが妥当。
ダッシュJAの前に花を植えることができる。この辺は処理落ちと相談して。

【風あかね】
しばらく使わない。上のふたつでやっていく予定。
他のアルカナも忘れないように軽く触っておかないといけない。けど忘れる。

【通常技】
6C2段目の有利時間がかなりのもの。その場屈Bやダッシュ立Aが連続ガードになる。
ダッシュ屈A屈Cなら連ガ中に下段を挟めるので、相手の割り込みや跳びを防止できる。
2段ともジャンプキャンセル可能だが、むしろ跳ばない方がイメージ通りに連携を続けられる。
6Cを組み込むのなら出し切りを主力として、ついでに他の技やジャンプを使って崩しにいくべき。
他には、屈Cと立Eがガードされてほぼ五分。どちらも優秀。

【そういえば】
シグナムとゼニアの声優が同じだということを昨日知った。

| | コメント (2)

基板のすごカナ始動

【対きら】
・~立C>236B(6HC)>屈B6C>ディレイJABC>着地>HJB>JBC>623
・~立C>236B(6HC)>屈B立C6C>ディレイJBC>着地>略
・~屈C(6HC)>屈B(以下略
毒コンができなくて悔しかったので2ループコンボで少しでも欲張ることに。
完全にAF対策するのは無理。昇りJAか立Cに合わせられると基本的に確反を貰う。
最初の立Cに合わせられるケースはわりとあるので、屈Cの届く距離はそちらにしたい。
ミルワ強化&以前からアンプが有効だったので、きら戦も魔でいけるな。
これで全キャラ魔で戦える。嬉しいことだ。

【AF怖い】
屈Cが届かない、相手のAF確反が怖い、でもダメージを取りたい。
そんな時はミルワールの出番。これは対きらに限らず有効な選択肢。
・~屈B立E>ミルワ>屈B立C前C>JAB>JBC>略
HCしていないので相手の受身不能時間が回復していない。この拾いが限度。
もちろん壁が近いと繋がらないが、ミルワが早くなったおかげで今までよりは楽。
中央付近であれば、ディレイミルワ>溜2E>いつものコンボにも派生できる。
HGを使わないでここまでいけるのは魅力。

【起き攻めから】
横投げ>アンプ起き攻めで裏がヒットした時、ステップ6C>低ダJCが最速で繋がる。
そこまでダメージは伸びないが、コンボ時間を稼げるのが魅力。AFにも強いし。
表の場合は溜2Eにしている。相手がアンプを喰らったらそのままコンボだし、
アンプをガードしていても密着ガン有利で溜2E重ねの状況。現状はこれで食ってる。

【2B】
これ有利技なんで、とりあえず2A2Bや立A2Bを入れ込んで確認するのが楽でいい。
もちろん低ダは使えるし、言霊があれば風払い表裏できる。相手のGCにも対応する余裕がある。
2B止めからは、ステ慣性2Bで暴れ潰し、ステ立Bで跳び防止。ステ2Bからは立C入れ込みが簡単。
立Bは空中ヒットしたら状況確認。上からの連携だけではいずれ限界が来る。
魔だったら2Bカウンター始動、2AG1HG壱言霊で6割は軽く越える。

【風あかね】
別キャラを演じなければ。とにかく逃げる、置くの繰り返し。
魔メインだから、つい普通に動かそうとしてステータス不足で負けるパターンが多い。
これは魔じゃ駄目だ、と「実戦も踏まえた上で」判断した相手には風も考えよう。

【花あかね】
勉強中。多分これは、いけるんじゃないか?
楽しいだけで終わるアルカナの可能性もあるけど(あくまで魔と比べて)、研究の価値あり。

【その他】
他のアルカナも自宅で調べはするけど、ゲーセンでは絶対に使うことがないと思う。
以前も書いたように魔、風、花以外のアルカナであかねを使うなんて考えはない。
それはそれとして、他アルカナの調べた感じと印象。私情が加わるから上記3アルカナ除外で。
 強い:時、闇
 いけそう:水、氷、光
 次点:愛、火、鋼
他はまだ調べてないものが多い。雷も悪くないんだろうけど、あれ経験値の差が出るし。

【他キャラ】
過去のキャラくらいは触れるようにするか。神依とアンジェリアだな。

さて、パラセ祭の動画でも作るか。

| | コメント (0)

すっカナのロケテ

あかね使った。一応アンジェリアと神依にも3クレくらい投入したけど他は全て魔or風あかね。
別にキャラが好みなわけでも、インファイターが好きなわけでもない。

簡単に言うと、自分の一番好きなゲームの一番好きなキャラに『あかね』という人物が居て
加えてそいつには『風』と『魔』に関係した設定がある。たったそれだけの理由。
もう十分だよね。

【風あかね】
現在のサブアルカナ。稼動後はキャラ対策や気分で使い分けることになりそう。
GC6Dがアレなおかげで助かる場面が多い。GC6D>低ダJABとかで接近しやすい。
状況確認でそのまま瞬刻を当てることもできる。風ブレイズ級のプレッシャー。
横投げ後はスレに書いたような起き攻めができるし、溜めEが跳べるのも大きなプラス。
ちょい溜めE>A魂振りとか強い。282Aと入力は忙しいけど使う価値はある。
3段ジャンプのおかげでエリアルの高度調整がしやすい点も評価したい。
エリアルの締めの623C(2、3段目)>ファルクスも随分と減る。しかも受身狩り可。
移動技あり、急降下打撃あり、相殺するJ攻撃あり、そしてJAが下に強すぎ。
火力面がちょいと苦しいが、十分メインを張れるアルカナ選択だと思っている。
ただ、中~遠距離で戦ってくるような相手には向かないかも。GC6Dで誤魔化せないから攻めの起点が足りない。

【魔あかね】
メインアルカナ。毒コンのやりやすさ次第で選択を変えていこうとは思っている。
横投げ後の回避困難かつハイリターンな起き攻め、HG節約かつ高威力の毒コン、
JEや214攻撃からのミルワ拾いによるダメージアップと、攻撃面では困らない。
反面、やはり魔なので初手の取り方が問題。そこはダッシュ屈B、低ダJA、JCorJE被せなど
本体の機動力でカバーしていくことになる。空中22Aと22Cホールドもかなり使いやすい。
ちょい溜めEからはアンプが安定。これはほとんどのキャラの魔に言えることだけど。
AF対策用の毒コン始動をちゃんと把握しておきたい。完全な対策は難しいけどタイミングは変えられる。

【あかねコンボ】
AF確反の対象になるのは主に立Cなので、これを避けて通るのが定石。
なんか6HC>立BもAF確反される恐れがあるので、手癖で屈Bにしておくように。
で、下記。

・~立C>236B(6HC)>立C6C溜2E>以下略

スレに書いたコンボ。これはまず最初の立C、次に236B後の立Cに対してもAF確反を取られてしまう。
一部キャラ(あかね同キャラで確認)には、6HC後に屈B立C6C溜2Eも可能だが、他キャラは不明。
何より、立Cの前進距離を利用して6Cを深めに当てて溜2Eを成立させているため
毒コンのためにはAF確反の危険が常に伴うこととなる。まあ、仕方あるまい。
んで最初の立Cに対するAF確反を防止するための構成が下記。

・~屈C(6HC)>立C6C溜2E>略

屈CはAF確反を貰わないので安心。問題はその屈CにAFされると思いっきり立Cを空振るわけだが。
結局AF確反を対策すると基本コンボに立ち返ることになるわけで。

・~屈C(6HC)>屈B6C>低ダ遅らせJB>着地立B>エリアル

これならどこでAFされようと安全なはず。魔の恩恵はミルワで活かそう。
ミルワ抜けのAFを温存しておきたいという考えを持つプレイヤーも多くなると思うので
何も気にせず常にどちらかの毒コンを狙い続けてもいいかもしれない。
やはりミルワ後の拾いと毒コンのおかげで他のアルカナとは違うダメージの取り方ができる。
特に、普通にJAが空対空で勝った後のダメージアップは見逃せない。
実際ミルワやアンヴァリデにゲージを使わなくても、瞬刻があるので燃費は問題ない。
あかね分身も素敵なぶっぱ推奨技だし、満月はコンボでも単発でも使いどころがある。

【地対空】
・立B
攻撃判定発生前に相殺あり、ほぼ全身。空ガ不可。全体モーション標準。
めんどいのは相殺した時。相殺判定で取ったのかこちらの攻撃が取られたのか判断できない。
理想は相殺時立A、ヒット時は遅らせジャンプからJAだろう。安定するだろうし。
・屈B
謎の強力判定を持つ足。見た目よりあかねの姿勢が低くなる上に、足の部分も強い。
JC可能だが、高度的にエリアル移行は難しい。理想は相殺時立A、ヒットしたら6Cへ。
・C昇竜
派生はCワープで安全性を取るか、214で隙消しorリターン狙いか。
無敵時間はあまり頼れないので早出しを意識してスピード勝負。
・立ち相殺ボタン
注意すべきは、相手のめくり攻撃を取っても振り向いてくれないこと。正面限定。
立A立B6Cから低ダJBのコンボに持っていくのが妥当。
・屈E
判定が強く、スカっても後退するので他の対空技と違ったフォローができる。
姿勢が低くなるくせに上方向に強いため、簡単に対空で使える。使いやすい。

【空対空】
・JA
持続がガチ。下方向しかカバーしないくせに後跳びJAで勝てたりするのは持続に引っ掛けているから。
とりあえず低ダから出したり、JABと入れ込んでみたり、あかねの空中の主力になる。
しかし持続が長いと同時に全体モーションも小技のわりに長め。AFにちょいと弱い。
・JB
横にかなり強い。しかも発生前に相殺判定あり、空振りの隙も少ない。
わずかながらめくり判定も存在するため、低ダから出すのもあり。
・JC
下から突き上げるならこれが一番楽。発生前に長めの相殺判定があり、攻撃レベルが高い。
ヒット時は確認9HCからJBが繋がるのでコンボにも派生できる。
相殺判定を利用して低ダから出すのも有効。というかJ攻撃全て強くて逆に困る。
・JE
下方向に滅法強いので下の相手に…と思いきや、空中戦ではあまり出番が無い。
JAがガチなおかげでわざわざ使う機会がない。これをやるくらいならJABやります。

しばらくは基板で魔と風の使い方を勉強しよう。
次の更新で自分のやっていた固めや崩しをまとめるつもり。
考える箇所が多すぎていくらやっても課題だらけ。使っていて面白い。

| | コメント (0)

完全に移行

今更だけど『基盤』じゃなくて『基板』だから、間違えないようにね!

【基板ジェリア歴史】
公式2onの期間中だけのアンジェリアだと思っていたけど、気が変わった。
すごカナが稼動するまでずっとアンジェリアで続けます。この短期間で一気に成長できたと思うし。
これがキャラ性能ってやつか、ゴクリ。可愛いし強いし言うことないね。

アンジェリアに変更してから初めての公式2onは、結果だけ見れば上々。
店舗の決勝はりょさんが居なかったら通過できなかった。感謝感謝。
地区予選は自分だけで5タテできたので、このまま全タテ優勝いけるか? と思ったら
ディスさんに逆タテされ、その後の決定戦でこうやさんチームにリベンジされ敗北。
あの時は悔しかったな。それが相手の対策不足やキャラパワー、相方パワーに頼ったものでも
あそこまで行って負けてしまったのは痛い。次こそは全タテ優勝目指してコンボ練習だ。

リーチェ、頼子に微不利、ゼニアに5分前後、神依が意外とやりにくく、あとは程度の差はあれど有利。
そんな感じだと思っている。神依戦は付き合わずに放棄するスタイルを徹底しよう。
東海地区Bの予選に参加するので、それも踏まえて対策を考えておきたい。
できればリーチェ、ゼニアとは戦いたくないなぁ。ゼニア戦は闇じゃないと戦いにくいし。
リーチェはこちらと同じく頭を使わない行動が通って大ダメージという展開があるので
相手がどのくらいアンジェリア戦を意識しているか、対策しているとしてどういった行動なのか、
その辺を相手のレベル問わず対戦中に把握したい。難しい勝負だね、お互い。

【相手別アルカナ】
闇:ゼニア
光:ドロシー、たまにクラリーチェ
聖:他

対ゼニアは闇を選ぶだけで普通の行動が通りやすくなるのが利点。
ドロシー相手の光については師匠のりょさんリスペクト。リーチェは勝手に自分が考えた。
あとは聖でいけると思っている。

【すごカナ】
アンジェリア、神依、ゼニア、新キャラのうちの誰かが有力。
更に好みのキャラを加えるとはぁと、舞織、リーゼロッテだけど戦闘スタイル的に除外。
実際に使ってみないと分からんね。選択アルカナ事情も変わるだろうし。
最初にどのキャラのスレに書き込むことになるんだろう。

【神依スレ】
すごカナで縁があったらまた会おう。
とか言いつつ、気が向いた時にネタ投下するかもしれない。
少なくともメインキャラとして復帰する可能性はすごカナ稼動までない。

【宣伝】
いつも同人格ゲーの宣伝やってるけど、またやります。
『四季の狂剣』という現在製作中のバトルゲーム。一人用のみで、対戦は今後実装予定。
公式HPで体験版をDLできるので暇な人はとりあえず一度プレイしてみましょう。
下記アドレスからどうぞ。
http://hoppetanno.srv7.biz/

今週末の公式2on予選に向けて反動ホーミングコンボの練習だ。

| | コメント (1)

いざ関東

関東へ言ってきます。自分の行動の詳細はしたらば立川スレで。秋葉原かヒガコか、あるいは聖地で会いましょう。

ついでに自分のmixiページをリンクに追加しておいた。

| | コメント (0)

基板ジェリア探検隊

最近はアンジェリアばかり使ってる。大会に向けてひたすらアンジェリアのみで対戦。
これがキャラ差ってやつか…。今まで自分が神依で地道に努力してきたことが分かるのはありがたい。
結局メインは聖なんだけど、他のアルカナを選択する局面が未だ見えない。
エルザに雷使ってる現状。これも聖で解決できそうなんだよな。雷だと受けに回ることが多くていかん。

対空に昇りJBが使える状況があるのを忘れずに。対空相殺>空中投げは意識しておくこと。
立Cを単発で振っていける相手を確かめる。というか聖なら誰が相手でも触れるわけですが。
溜屈E>ソングからは4HC>上軌道がベスト。空中投げとボイスの二択がどちらも痛い。
狙うのは3Cマーリンから。低ダ攻撃、ダッシュ屈Bと併用すれば暴れは防げる。GCを使いたくなる状況にして狙うのもいい。
相手がその場に固まる要因さえ作ってしまえばいい。あくまで使用率は低めに。
6Aマーリンが通せる時は使うべき。だが、いつ安全に通せるんだこれ。GC6Dが怖すぎてどうにも。
逆に言えば、そのGC6Dの脅威が裏返しになって上の3Cマーリン連携がメインになっているわけで。
仮にガードさせることさえできれば、ダッシュ密着>最速溜屈Eで。相手のGC行動次第ではアドリブを。
って、なんか自分にしか分からん暗号みたいになってるな。
聖ジェリアは簡単だけど、要所で頭を使うと更に安定感が増す。これはメインアルカナ確定。

Q:お前神依使いじゃないの?
A:謝罪の言葉は いつか神依スレで

公式2onの予選が終了するか、あるいはすごカナが稼動すれば神依に戻るんじゃないですかね。

| | コメント (0)

基板ジェリア

mixi日記にも書いたけど、舞織使ってると頭痛くなってきました。よってサブ降板。
なんか究極的にはA桜花と横姉になってしまう。それらしい動きになる前にすごカナ稼動してしまうわ。

なので、過去サブの経験があり、下巻のショートストーリーも感動的だったアンジェリアを使います。
実は愛知県だとあまり見ないキャラっていうのも重要なポイント。可愛いのに。
まあ色々と事情もあって、しばらくは神依以上にアンジェリアを使っていきたいです。
家庭用で触った感じの選択アルカナ事情は愛、聖、火、風ってところ。
アンジェリア探検隊のくせにアルカナ選択については少しも冒険心がない基板。

■愛
とつとつ超ビームが痛すぎ。あと空中でキクロスを使える局面が他キャラより多い。
キクロスがいい感じに空中制御に使える。当身が似たようなモーションだし。
とつげき、当身、JC、JEと空中の行動に困らないのがいいね。浮遊、キクロス共に使いたい。
■聖
JEヒット時のダメージ底上げが可能。地上の相手をJEで転ばせてからソングを出すと相手のD受身前にヒット。
ヒットと同時にD受身されると無理だけど、それは流石に反応されない。こっちにはJCもあるんだし。
空中投げ間合い&リターンが優秀で、追っかけのNHも早い。壁に叩きつける機会が多いのは良いことです。
■火
ただでさえ空中でやれることが多いのに、加えて空中火仙弋。相手を動かしやすい。
相手と横軸が合っていなくてもプレッシャーを与えられる、という点も評価できる。
あとは言うまでもなくGO TEN SHOW で。JE>火仙弋9HC入れ込みとかで強引に攻め手&ダメージを取るのも。
■風
なんかたくさん動けるしシキリス勝手に付いてくるから強いんじゃないの? 程度の考え。
立Eからとつげき出せるとか強烈だろ。あのGC6Dも決してアンジェリアと相性は悪くない。
ただ、安易に攻め手を取ったりダメージ奪ったりできないから初期段階では使わない方がよさげ。

それと氷も使えるようにしておかないと。むしろメインは氷にしたいくらい。
ステップ使うところがないし、様子見中の相手にプレッシャーを与えやすいのが素敵。
しかし横投げ後の状況がアルカナ技を使っても変わらない。そこが上記アルカナと比較した明確な欠点。
とりあえず、しばらくは氷で走ったりとつげきしたりで楽しむことに。

ついでにここでも宣伝しておくか。
僕は2.5D対戦格闘ゲーム『ヒノカケラ』を応援しています。
同人作品とは思えない質の高さ…と言っても、最近じゃそれも当然になってきたか。
とりあえずニコニコ動画でヒノカケラって検索すると対戦動画とか出てくるんで皆見てね!
あと、9月28日に東方緋想天愛知大会を岡崎市で開催するのでそっちにも来てね!
ゲーム自体のモチベは微妙だけど、萃夢想勢だった名残もあって大会を開催することに。
今ではオンラインが当然のご時勢だけど、普通は大会と言ったらオフです。
やっぱり直接プレイヤーとの関わりが持てるのはいいよね。

| | コメント (0)

«カスが!!!